居宅介護支援事務所 介護屋みらい
個人情報保護方針について リンク集
TEL:03-6657-9117
ホーム ごあいさつ サービス概要 会社概要 求人について 独立応援支援 お問い合わせ

認知症サポーター養成講座 介護屋みらい

あなたも認知症サポーターになってみませんか?認知症サポーター養成講座


認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定


国内の認知症の人の数は増え続け、2012(平成24)年に約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。正常と認知症との中間の状態である軽度認知障害(MCI)と推計される約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人が認知症の人またはその予備群と言われています。高齢化の進展に伴い、今後、認知症の人は更に増加が見込まれており、いわゆる団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症患者が約700万人(約5人に1人)まで増加することが見込まれています。
こうした背景をもとに、国は「認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す。」ことを基本的考え方とした認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)を2015年1月27日に策定しました。
『新オレンジプラン』の中で、認知症サポーターの人数を2017年度末までに現行の600万人かから800万人と目標数値が引き上げられました。



認知症サポーターって何?


認知症サポーター養成講座で認知症という病気について学び、正しい知識を持って、認知症の方やそのご家族を地域や職場で温かく見守り、支える人のことをいいます。
特別に何かをする人というわけではありません。



認知症サポーターになるためには…


認知症について学ぶ講座である『認知症サポーター養成講座』を受講していただきます。受講者には認知症サポーターの証として「オレンジリング」を授与されます。このブレスレッドが連帯の印です。



オレンジリングの由来


「柿色」をしたオレンジリングは、認知症サポーターの目印です。江戸時代の陶工・酒井田柿右衛門が夕日に映える柿の実の色からインスピレーションを得て作り出した赤絵磁器は、ヨーロッパにも輸出され世界的な名声を誇りますが、同じく"日本初"の「認知症サポーターキャラバン」のオレンジリングが、世界のいたるところで「認知症サポーター」の証として認められればとの思いからつくられました。
なお暖かさを感じさせるこの色は、「手助けします」という意味をもつと言われています。



認知症サポーターって何?


日時: 平成28年10月18日(火)
14:30〜15:30(受付14:15〜)
場所: 社会福祉法人聖進會 特別養護老人ホームさわやか苑
(船橋市米ヶ崎町691-1)地図
内容: 認知症に知識や認知症の人との気持ちと接し方 他
対象: 認知症に関心のある方など
定員: 先着30名
申込: 下記までTELまたはこちらのホームページから受付いたします。




 

介護屋みらいについて

居宅介護支援事務所 介護屋みらい
お問い合わせはこちらから

介護屋みらい 社長のコラム

MyFuna.net

認知症サポーター養成講座

単独居宅ケアマネ 〜宮崎直樹〜

江戸川介護情報委員会

FMえどがわ
   
  このページの先頭へ
Copyright c 2014 介護屋みらい All Rights Reserved.
-->