居宅介護支援事務所 介護屋みらい
個人情報保護方針について リンク集
TEL:03-6657-9117
ホーム ごあいさつ サービス概要 会社概要 求人について 独立応援支援 お問い合わせ

コラム 介護屋みらい

介護屋みらい 社長のコラム


Vol.08 2015年10月1日(木)

みなさま、こんにちは。

やっとこさ、宮アやんちゃ青年が介護の世界に身を投じそうなところまで、やって参りました。最近では、このコラムを本当に楽しみにしてくださる一部マニアな方がいらっしゃることに非常に感謝しております。
さて、今月は少し過去の回想の話を中断してまでも、みなさんにお伝えしたいことがありますので、そちらを記載させて頂きます。

来月は、専門学校に入学するくらいまでの話が出来ると思います。今月どうしてもお伝えしたいことは、3年後の介護保険法改正時、ケアプラン料の1割負担について議論されだしたことについて一部新聞報道がありました。これは、看過できないことであります。

実は何年も前からケアプランの1割負担については、様々なところで議論をされてきましたが、出ては無くなり、出ては無くなりを繰り返していましたが、今回はこのまま何もせず、誰も動かないとケアプラン料の1割負担が現実のものになってしまうという感じがヒシヒシと伝わって参ります。私個人の意見としては、強い反対という姿勢です。
ケアプランの10割を保険にて給付する根拠については、厚生労働省の解釈通知に明記されています。

『第2 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準1 基本方針』

「介護保険制度においては、要介護者である利用者に対し、個々の解決すべき課題、その心身の状況や置かれている環境等に応じて保健・医療・福祉にわたる指定居宅サービス等が、多様なサービス提供主体により総合的かつ効率的に提供されるよう、居宅介護支援を保険給付の対象として位置づけたものであり、その重要性に鑑み、保険給付率についても特に10割としているところである。」

文字数があるので、詳しく書けませんでしたが、来月に続きましょう。ということで、来月は専門学校ではなくてこの話の続きをします。

Vol.07 2015年9月1日(火)
Vol.06 2015年8月1日(土)
Vol.05 2015年7月1日(水)
Vol.04 2015年6月1日(月)
Vol.03 2015年5月1日(金)
Vol.02 2015年4月1日(水)
Vol.01 2015年3月6日(金)
 

介護屋みらいについて

居宅介護支援事務所 介護屋みらい
お問い合わせはこちらから

介護屋みらい 社長のコラム

MyFuna.net

認知症サポーター養成講座

単独居宅ケアマネ 〜宮崎直樹〜

江戸川介護情報委員会

FMえどがわ
   
  このページの先頭へ
Copyright c 2014 介護屋みらい All Rights Reserved.