居宅介護支援事務所 介護屋みらい
個人情報保護方針について リンク集
TEL:03-6657-9117
ホーム ごあいさつ サービス概要 会社概要 求人について 独立応援支援 お問い合わせ

コラム 介護屋みらい

介護屋みらい 社長のコラム


Vol.12 2016年02月01日(月)

みなさん、こんにちは。

先月は、社長を目指す素行の悪い青年が専門学校を受けてみて、びっくりしたという内容でした。

受験した専門学校は東京福祉専門学校でしたが、残念ながら不合格となり、介護の世界に入るのは難しいと思っていた所に、地元で自宅から自転車で15分位の所に千葉福祉専門学校がある事を知りまして、願書を取りに行ったら、試験が作文しかないとのことでこれはラッキーって感じでした。

ちょっと話しはそれますが、昔の事を思い出しながら文章をつくると、若いころの表現に近くなりますね。読み苦しい方もいらっしゃると思いますが、当時の気持ちを込めて当時の表現に近く文章を作ってみます。

作文(正確には小論文)なら、自分は漢字が書けないけど、思っている事を書けばいいのだと、気軽に試験に臨みました。さらに、2次募集だったと思うのですが、受験生が数名しかいなかったので、「こりゃ100%合格」だと試験を受ける前から決めつけてました。
小論文のお題は全く覚えていないのですが、書いた内容は覚えています。
電気屋をしていましたので、「仕事の大変さと仕事が終わった後の爽快感」みたいな内容を、お題を無視して書き上げたのを覚えています。それも数行だったと思います。今考えると恐ろしいです。

結果はなんと、まさかの、見事合格でした。
当時の自分は「あたりめぇだ。」くらいの感覚でしたが、今は専門学校の先生に人生を助けて頂いたという感情です。

来月は専門学校での話しにするか、1月30日と1月31日に北海道の津別町に出張したのですが、津別の話しにするかは未定です。

ホームページのコラムって自由でいいんですかね?

Vol.11 2016年01月01日(金)
Vol.10 2015年12月01日(火)
Vol.09 2015年11月01日(日)
Vol.08 2015年10月01日(木)
Vol.07 2015年09月01日(火)
Vol.06 2015年08月01日(土)
Vol.05 2015年07月01日(水)
Vol.04 2015年06月01日(月)
Vol.03 2015年05月01日(金)
Vol.02 2015年04月01日(水)
Vol.01 2015年03月06日(金)
 

介護屋みらいについて

居宅介護支援事務所 介護屋みらい
お問い合わせはこちらから

介護屋みらい 社長のコラム

MyFuna.net

認知症サポーター養成講座

単独居宅ケアマネ 〜宮崎直樹〜

江戸川介護情報委員会

FMえどがわ
   
  このページの先頭へ
Copyright c 2014 介護屋みらい All Rights Reserved.